あなたの住まいをトータルサポート

住宅診断・検査

  • HOME »
  • 住宅診断・検査

ホームインスペクション

ホームインスペクション(住宅診断)とは?

ホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的・専門家の立場から、 住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、 アドバイスを行う専門業務です。
米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。

日本でも2018年4月よりホームインスペクションに関し、不動産売買時の重要事項説明に「媒介契約締結時に斡旋(あっせん)の可否を明示」「その実施の有無を重要事項説明に追加」「売買契約時に建物の状況を当事者の双方が確認した事項を記載した書面交付」が義務付けられました。地域によってインスペクションに対する補助金を受ける事が出来る場合もあります。

こんな方にオススメ

・中古住宅の価格は魅力だが、品質に不安がある。買った後のトラブルが心配。
・中古住宅に新築のような保証を付けたい。
・中古住宅をできるだけ早く高く販売したい。また、売却後のトラブルも防止したい。
・今住んでいる家がどんな状況かチェックして、メンテナンスやリフォームが必要なのか知りたい。

ながおか不動産ラボでは、ホームインスペクションの専門資格「既存住宅状況検査技術者」「JHSI公認ホームインスペクター」はもちろん、「耐震診断士」「一級施工管理技士」「二級建築士」を持った住宅のプロフェッショナルが精度の高い診断をさせていただきます。

また、当社でインスペクションをして所定の基準をクリアすれば、中古住宅にも保証を付ける事が可能です。

費用

費用は住宅の床面積坪数×1,500円が目安となります。例えば40坪の住宅であれば6.0万円(税別)となります。詳しくはメールかお電話にてお問い合わせください。無料にてお見積りさせていただきます。

実質無料でホームインスペクション!

当店を仲介して中古住宅を売買される方には、仲介手数料からホームインスペクション費用を差し引き、実質無料※にて対応させていただきます。不動産業も営む当社だからできるサービスです。お得に中古住宅を売買したいという方はお声掛け下さい!※無料範囲は床面積40坪までとなります。

所要時間

建物の大きさによりますが、3時間前後が目安となります。診断書は最短2日から提出可能です。

 

耐震診断

地震に対する既存の建物の強度や安全性、被害の大きさなどを判定することです。1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく変わり、現行の耐震基準は、大規模地震(震度6程度)がおきても建物が倒壊せず、中規模地震(震度5程度)では建物の損傷が軽微にとどまるよう求めています。このため耐震診断とは、1981年以前の旧基準で建てられた建物に対し、現行の耐震基準に沿って耐震性を調べることを意味する場合が多くなっています。

ながおか不動産ラボでは、簡易なホームインスペクション(住宅診断)も併せて実施しますので、これから中古住宅を購入予定の方や、お住まいの現状を知りたいという方は、お気軽に問い合わせ下さい。

木造住宅耐震診断補助金について

耐震診断を市登録診断士がする事により、長岡市では個人費用負担1万円新潟市では5千円(平成31年度)で受ける事ができます。
併せて耐震改修工事を実施する場合は、そのリフォーム工事に対しても補助金制度(長岡市105万円、新潟市120万円)がございます。
ながおか不動産ラボではリフォームも対応!耐震診断・改修とトータルでご相談下さい。

 

PAGETOP
Copyright © ながおか不動産ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.